広島の職人直営塗装店|村上塗装の施工例

Works
塗装施工事例

広島市西区にて 屋根・外壁塗装

2021年3月18日

先日、広島市西区にて屋根・外壁塗装を施工いたしました。

 

<高圧洗浄>

 

高圧洗浄では、屋根・外壁のホコリや汚れを落としたり、塗装の劣化によって

外壁の表面にできた粉(チョーキング)を落とします。

もし汚れたまま塗装をしてしまうと、わずか1〜2年で塗料が剥がれ落ちてしまいます。

塗装を長持ちさせるためには、丁寧な洗浄が欠かせないのです。

 

 

<錆止め塗布>

 

錆止め塗料には防錆効果のある顔料が使われており、金属の腐食を防ぐことができます。

錆止め塗料を塗る際のポイントは、錆が出てしまった後ではなく錆になる前に塗っておくこと。

もちろん錆が出来てしまった後でも、下地処理(ケレン)をしっかりと行えば塗ることは出来ますが、

最初から塗っておくことで後から塗る手間を省けますよね。

 

 

<タスペーサー挿入>

 

タスペーサーとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具のこと。

「縁切り」と呼ばれる塗装の工程で必要となる道具です。

縁切りは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程のこと。

一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、

屋根裏を腐食させてしまうのです。最悪の場合は雨漏りの恐れも。

それを防ぐため、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要というわけです。

しかし、屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。

そのため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーなのです。

タスペーサーは、屋根材のコロニアル、カラーベストが使われている「ストレート屋根」のみに使用できます。

 

 

<屋根下塗り>

 

 

<壁下塗り>

 

 

<軒天井塗装>

 

 

<壁中塗り>

 

 

 

屋根・外壁塗装の基本原則と言えるのが、下塗り・中塗り・上塗りの三回塗りです。

 

下塗り…中塗り・上塗り塗料の密着を高めるために下地強化剤を塗る。塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右します。

中塗り…下塗り材の色を消し、上塗り塗料の密着をより高めます。基本的に上塗り塗料と同じ色を使います。中塗りを省いて上塗りだけで仕上げてしまうと必ず塗りムラができてしまうため、欠かせない工程です。

上塗り…家の外観を決定づけ、また中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、雨風や汚れから外壁を守ります。上塗り塗料には、カビの発生を防いだり遮熱性を高めるといった機能を備えたものもあり、お住まいの地域や構造物に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

このように、塗装において三回塗りは欠かせない工程なのです。

 

 

引き続き、作業の様子をお届けします。

塗装の現地調査・お見積もりは無料!!

『村上塗装』は広島市を中心に県内全域で塗装工事を承っております!
お問い合わせ・ご相談・現地調査・お見積もりは無料!
外壁塗装以外にも、屋根塗装や防水工事、足場組立なども対応させていただきます! まずはお気軽にご相談ください!