広島の職人直営塗装店|村上塗装の施工例

Works
塗装施工事例

広島県三原市にて屋根塗装〜高圧洗浄・タスペーサー・下塗り〜

2021年5月18日

先日、三原市にて行った屋根塗装の様子をお届けいたします。

今回の施工内容は高圧洗浄、タスペーサー挿入、屋根下塗りです。

 

<高圧洗浄>

高圧洗浄では、塗装前に屋根に付着している汚れやカビ・藻を落として綺麗な状態にします。

屋根が汚れているまま塗装をしてしまうと、わずか1〜2年で塗料が剥がれ落ちてしまうことも。

塗装を長持ちさせるためには、丁寧な洗浄が欠かせません。

屋根高圧洗浄 屋根高圧洗浄 屋根高圧洗浄 屋根高圧洗浄 屋根高圧洗浄 屋根高圧洗浄

 

<タスペーサー挿入>

続いて、下の写真にあるタスペーサーと呼ばれる黒いものを屋根材と屋根材の間に差し入れます。

タスペーサー挿入 タスペーサー挿入 タスペーサー挿入

タスペーサーとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具のこと。

一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、

屋根裏を腐食させてしまうのです。最悪の場合は雨漏りの恐れも。

それを防ぐため、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要というわけです。

しかし、屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。

そのため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーなのです。

タスペーサーは、屋根材のコロニアル、カラーベストが使われている「ストレート屋根」のみに使用できます。

 

<屋根下塗り>

続いて、屋根塗装の原則である3回塗りの1回目、下塗りをします。

屋根下塗り 屋根下塗り 屋根下塗り

下塗りでは、中塗り・上塗り塗料の密着を高めるために下地強化剤を塗ります。

塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右するため、非常に大切な工程なのです。

 

本日は屋根下塗りまでの様子をお届けいたしました!

引き続き、作業の様子をお届けいたします。

塗装の現地調査・お見積もりは無料!!

『村上塗装』は広島市を中心に県内全域で塗装工事を承っております!
お問い合わせ・ご相談・現地調査・お見積もりは無料!
外壁塗装以外にも、屋根塗装や防水工事、足場組立なども対応させていただきます! まずはお気軽にご相談ください!